作者別: mikami-ah

熱中症に注意

今までにないほどの、暑い日が続きます。いよいよ、人も動物も体調を崩すことがあるかもしれない暑さです。犬や猫は人のように汗をかくことがほとんど出来ずに、熱を発散すること苦手です。暑くなるこの時期は、注意が必要な病気です。今回はそんな熱中症の話です。IMGP0525

万が一に熱中症になると、脱水や高い体温により様々な臓器を悪くします。見た目の症状としては、ぐったりしたり、呼吸が早い状態が続きます。様子を見る事で、悪化しますので、早期に気付いてもらうことが重要となります。最悪の場合、命に関わることもあります。IMGP0528

基本的にはならないように、気を付けてもらう事が一番です。若い犬や比較的自由に移動の出来る猫などは、人が普通に過ごせる部屋であれば、動物たちもあまり問題はないことが多いです。しかし、高齢の動物や、病気を持っている動物、また出かける際などで人が過ごせない温度になる可能性があれば、クーラーをつける事をお勧めします。設定は暑すぎなければ良いので、26~28度ぐらいの室温でも問題はないです。外にいる動物などは、しっかり影があり、風通しのよい場所が最低限必要です。場所によっては、その時は日陰の場所でも地面が暑い場所もあるため、地面なども暑くなっていないかを確認してください。

もし、万が一に熱中症の兆候があれば、あまり様子を見ずにすぐに動物病院の診察を受けてください。まだ動ける余裕があれば、部屋を涼しくして、水分をしっかりあげてください。また、体温を下げるために、水や濡れタオルなどを使い体を冷やす必要があります。ただし、注意点としてあまり冷たい水などを使うと、逆に血管などが収縮し体温が下がりにくくなることがあるため、ぬるま湯ぐらいが一番効果的です。IMGP0530

何より、熱中症も予防が重要です。散歩はあくまでも、健康のために行くためのものですので、決して暑い日はなるべく短く済ませてもOKです。一日ぐらい散歩に行かなくても大丈夫です。院内にも熱中症注意のポスターを掲示しております。ぜひお気を付けください☆IMGP0526

動物医療の勉強会

暑い日が続きます。人も動物もクタクタになるほどの暑さです。これぐらいの暑さでは、なるべく涼しい時間帯を選んでもらい、さらに無理せずお散歩なども手短に済ませてください。人が出かける時も、風通しをよくしておくか、エアコンをつけてあげて下さい。

さて、今回は動物病院の勉強の話。実は動物の医療も、人の医療と同様に、未知の病気が解明されたり、新しい治療法や薬が開発され、まだまだ日進月歩で発展しています。そのため、新しい情報を仕入れて、それを日々の診療に生かしていかなければなりません。DSC_4549

先日大阪にて獣医師や動物看護師が参加するセミナーが開催されました。三日連続で開かれ、1500人以上が参加する関西で大きなセミナーの一つで、大学の先生や、専門病院の獣医師などが、講師となり様々な分野で様々なテーマの講義が開かれます。実際の治療の報告や、診断への考え方など、実践的な話が多く聞けます。今年は外科手術や、また貧血、耳の病気などのついての講義に参加して、新しい情報を得てきました。

また、動物薬の製薬会社や、医療機器、またペットフードメーカー、介護用品など、様々な企業の展示や、製品の紹介などもありました。道具も日々進化しています。以前は人のものを代用していたものも、動物専用の様々な道具が開発されています。DSC_4550 DSC_4551

今回も多くの情報を仕入れることが出来ました。今後も様々なセミナーの開催がひかえているため、なるべく参加し、それらを元に、今後の診察や治療に生かしていけたらと思っています☆

びわ湖わんにゃんマルシェ7月 開催

先週の日曜に、野洲のアルプラザにて「びわ湖わんにゃんマルシェ」が開催されました。先月、先々月が雨で縮小や中止になっていたため、何とか天気が回復して良かったです。当日は風が強かったりはしましたが良い天気で、多くの方が来場されていました。IMGP0501

さて、今回も食事のブースも充実していました。いろいろな雑貨屋さんもあり、動物用、人用様々で見ているだけでも楽しいブースがたくさんありました。今回は抽選会もあり、いろいろ素敵なグッズが当たっていました。当院の飼い主さんも抽選に当たり、豪華なタイのおやつが当たっていました。IMGP0502

今回はイベントの一つをお手伝いさせてもらいました。ステージにて、犬や猫を迎えた時に気を付ける事と言うテーマで、特にフィラリア予防、ノミマダニ予防、去勢避妊手術について簡単にミニ講座を行いました。その後は、個別にトイレの相談や、歯磨きのやり方などについて相談を受けました。来月もお手伝いさせていただく予定です。IMGP0506

8月のマルシェは、夏の特別企画もあるそうです。ぜひぜひ、このイベントに興味のある方や、犬や猫を飼いたいと思われる方、ぜひわんにゃんマルシェに参加して保護犬、保護猫さんを一度見に来てください☆IMGP0505 IMGP0503

 

 

 

パピーパーティー開催&わんにゃんマルシェのお知らせ

暑く蒸した日が続きます。しばらく雨でしょうか。だんだん皮膚炎や外耳炎などが増えてきました。蒸れは皮膚病を悪化させる場合があります。皮膚の痒みなどが出たら悪化のサインですのでお気をつけください。

さて、先日に生後6か月までの子犬限定の、パピーパーティーを開催しました。今回は全員はじめて参加する子犬さんたちです。プードルのぽちちゃんと、ポメラニアン×柴犬のメイちゃんと、チワワのチコちゃんの3匹の参加となりました。パピーパーティーでは、生後半年の社会化期にしか学べない事を体験してもらいます。IMGP0464 IMGP0469 IMGP0492

まずは家族以外の人に慣れてもらう練習です。家族以外の人からおやつをもらいます。この時期はまだ、お散歩にも十分に行けずに、家族しか知らない犬が多いため、いざお客さんなどが来るとずっと吠えたり、怖がったりする犬になる場合があります。この時期に、家族以外の人におやつなどをもらうことで、知らない人への嫌な印象を、良いものに変えます。どこ子犬たちも、みんな上手におやつが食べれました。IMGP0467

次は犬同士との触れ合いです。この時期は人でいう、幼稚園や小学校のような時期です。生後半年を越すと中学生ぐらいです。好奇心よりも、緊張や警戒のほうが強くなります。今後、人間の社会で生活してもらうためには、家族以外の人や犬にもある程度慣れてもらう事が必要です。もともとに社交性の高い犬もいますが、この時期に人や犬に慣れていないと慣れることは難しいです。同年代の子犬同士は好奇心いっぱいですぐに仲良くなれます。犬同士の挨拶は匂いを嗅ぐことで始まります。みんな上手に出来ました。IMGP0470 IMGP0471

そのあとはおもちゃで遊ぶ練習です。ストレス発散や飼い主さんとのコミュニケーションをとるためには、おもちゃは大変便利な道具です。おもちゃも、この時期に慣れてないおもちゃは、大人になってからではあまり遊ばない傾向にあります。この時期にぜひ、慣らしておくと楽です。まずは知育玩具とよばれるおもちゃは、おやつやフードを入れて使います。それをうまく転がすことで、フードが少量ずつ出ます。なかなか頭と体を使い、一匹で長い間根気強く遊んでくれます。時間がなくあまり構えない時にも活躍してくれます。また、ボールや音がなるおもちゃなどは、一緒に遊んでコミュニケーションをとってもらうにはとても良いです。一緒で遊ぶおもちゃは、最終的には飼い主さんが回収して遊びを終わってください。布製のものなど壊れやすいおもちゃもありますので、お気をつけください。IMGP0488 IMGP0489

そのあとは、トイレの相談などのしつけの問題などを相談してもらいました。どの方も同じような事で悩まれていることも多く、場合によれば対処が逆効果になっていることもあり、真剣に皆さま聞いてもらいました。パピーパーティーは参加者が揃い次第で開催しますので、もし参加をご希望の方はご連絡下さい。IMGP0495

さて、5月、6月が残念ながら雨で中止になっていました、野洲のアルプラザで開かれているわんにゃマルシェが今週末に開催されます。動物グッズの雑貨屋さんや、様々な出店が出ているお祭りのような、イベントです。今回も天気が心配ですが、ぜひぜひ、保護犬、保護猫さんに会いに来てください☆

7月休診日&パピーパーティー開催のお知らせ

ワールドカップが盛り上がっています。毎日寝不足の方も多いのではないでしょうか。さて、7月の休診日のお知らせです。7月5日(木曜)、12日(木曜)、19日(木曜)、20日(金曜)、26日(木曜)はお休みを頂きます。7月16日(月曜 祝日)は午前、午後ともに診察いたします。振り替えで、20日(金曜)にお休みをいただきます。

また、7月2日(月)にパピーパーティーを開催します。13時半より、15時頃までを予定しています。約半年までのワンちゃんで、ワクチンが最低1回済んでいることが必要となります。生後半年までのこの時期は社会化期と呼ばれ、いろいろな事を受け入れ、慣れやすい時期です。

パピーパーティーでは、同年齢のわんちゃんが触れ合うことで、本来であれば母犬や兄弟犬から学ぶ、犬同士の触れ合い方を学んでもらいます。もともと犬が平気な犬もいますが、社会化の時期に慣らすことで、犬が苦手になることをなるべく防ぎます。また、家族以外の人と触れ合うことで、知らない人にも慣れる練習を行います。

さらにこの時期に気を付けてもらいたい、しつけの話や飼い方の話を行います。さらに、個別に悩んでいることなどがありましたら、何でも質問してください。子犬を飼われた方で、ご興味のある方はぜひお問合せ下さい☆IMGP0396 IMGP0380

ペットの防災

先日は大阪を震源として、関西地方で大きな地震がありました。関西では久々の大きな地震だったのではと思います。東日本大震災や熊本の地震でも、多くの人が避難所へ行く際に、ペットの避難についても問題がありました。改めて、ペットと防災についてのお話です。

まず、災害が起こった時にパニックになった動物が逃げ出し行方不明になるケースがありました。犬の場合は首輪に迷子札や、狂犬病の鑑札などをつける事で、発見の時の飼い主さんの情報になります。また、猫の場合も、迷子札をつけた首輪が有効です。ただし、猫の場合は狭いところを通るため、首輪がひかかってしまい動けなくなるケースもあるため、外れるタイプのものがおススメです。また、最近も簡単にマイクロチップも装着できるようになったため、万が一の対策としては一番良いです。

また、避難所で問題になったことが、ケージに慣れないペットたちでした。もともとに、ケージなどに入ったことない動物たちが家族と離れた状態で大きなストレスになりました。できれば日ごろからで、ケージの中で過ごせる時間を作ってもらい、慣れる練習をしておく方が良いです。犬の場合は、ケージでご褒美をもらったり、食事をもらったりで良い印象を与えておくことがおススメです。猫の場合も日ごろに寝床のひとつとして、お気に入りのお布団などを入れて使うのもありです。特に犬の場合は、ケージに慣れておくことで、一緒に車で出かける際なども非常に楽です。

また、避難のための準備物としては、数日分のフードと水、リードや食器などを、避難道具と一緒に準備しておいてください。もし、継続している薬があるなら、それらも数日分はあった方が良いです。

万が一のために、日ごろの備えが重要です。院内受付にも、環境省が発行しているペットの災害時のパンフレットがあります。ご興味のある方は、ご自由にお持ち帰ってください☆IMGP0454 IMGP0455

 

梅雨の外耳炎に注意

6月も半ばとなりました。そろそろフィラリア投与の2回目の時期となります。お忘れありませんように。さて、梅雨になりました。本格的な雨の日が増えてきました。ジメジメした日が増えてきます。さて、今回はこんな時期に気を付けたい、外耳炎のお話です。

外耳炎は耳に炎症が起こり、痒みなどが出る病気です。犬にも猫にも起こりますが、犬の方が特に多いです。溜まった耳垢に細菌やカビなどが増殖することで、悪くなることがあります。特にこの時期は、暑く蒸れやすい時期になるので、悪化しやすい季節です。

一般的には耳が垂れている犬種に多く、プードルやダックス、ゴールデンなどは特に要注意です。日頃からに耳のお手入れをしてもらっていると、病気になりにくく、なっても早期に気付きやすいため、一月に1~2回ぐらいは耳のチェックをおススメします。基本的には耳の奥までできなくとも、耳の入り口の汚れを軽くとるだけでも十分です。

万が一、耳をよく掻いたり、よく振るなどの痒みの症状があったり、耳垢がいきなり増えたり、じゅくついた場合は外耳炎の可能性が高いです。なるべく早めの診察をお勧めします。初期から中期ぐらいであれば、耳に入れる薬だけで治る事が多く、放置して起き重症になれば薬も多く、時間もかかります。ぜひ、お気をつけください☆

IMGP0436

わんにゃんマルシェ開催のお知らせ&花壇準備中

関西も梅雨に入りました。これからジメジメとした天気が続きます。散歩好きな犬にとっては、つらい時期となりました。

6月10日に野洲のアルプラザで、わんにゃんマルシェが開かれます。先月は雨で縮小になったようですが、今回は晴れると良いのですが。今回も人も動物も楽しめる出店などもあるそうです。

今回は少し個人的に私もお手伝いをさせてもらうとになりました。13時半からで、動物を飼う際に知っておいてもらいたい、ちょっとした話を少しさせてもらいます。今回は13時より、素敵プレゼントがある抽選会があるそうです。ぜひお越しください。

日時:6月10日(日曜) 10時~16時
場所:アルプラザ野洲 南平面駐車場(宝くじ売り場側)IMGP0434さて、当院の花壇も冬から春にかけて頑張って咲いてくれた、ビオラやなでしこたちも終わりの時期となりました。今は、また土に堆肥や土壌改良材を入れつつ、夏からの花壇に向けて準備中です。楽しみにしててください☆IMGP0440

6月休診日のお知らせ&犬の可愛い時期

6月の休診日のお知らせです。6月7日(木曜)、14日(木曜)、21日(木曜)、28日(木曜)はお休みを頂きます。

さて、アメリカの研究で、変わった研究が行われました。いったいどの時期の犬が一番かわいいかを、調べる研究です。生後7か月までの子犬の写真を見せ、一番魅力を感じたものを選んでもらいます。その統計をとり分析したところ、6~8週(生後1.5~2カ月)に魅力があるとの事が分かりました。

これは、犬の離乳の時期と重なります。日本では少なくなりましたが、野良犬の子供たちは、世話をしてくれる親犬が何らかの理由でいなくなると、そのうちの90%が1歳まで生きれないそうです。ちょうど離乳した時に、親から離れた場合にも、人間の気を引くことで、生き残るように進化をしたのではないかと推測されていました。人間はもともと、体に対して大きい頭、大きな目、丸い体の生き物を守りたいと思う本能があるそうです。まさに人間の赤ちゃんがそうです。犬も人間のそのような本能を刺激できる、かわいい姿をした子犬が生き残るようになり、人間の近くで生活できるペットに進化したのではないかと言われています。

しかし、自分の犬はどの年齢もかわいいものです。子犬は子犬で可愛いですし、大人になっても可愛いですし、歳をとっても可愛いです。ぜひぜひ、その年代ごとの可愛さを満喫しつつ、犬ライフを楽しんで下さい。

さて、今回のおまけは、五月に湖東で行われた手作り市のへムスロイドの切り絵です。絵本や切り絵の作家であり、当院のマスコットを作ってもらった奥居さんの、切り絵を見に行きました。どれも良い作品で素敵でした☆IMGP0427 IMGP0423IMG_6591

2018年春の勉強会 歯磨き教室

さて、五月も後半になりました。そろそろフィリア予防のお薬の投与時期です。処方がお済みの方はそろそろ投薬を行って下さい。処方がまだの方は、投与が必要ですので、早い目に診察にお越しください。

先日に春の勉強会にて、歯磨き教室を行いました。今回は生後半年から6歳までのワンちゃん3頭にも参加してもらいました。最近口の匂いが気になりだワンちゃんであったり、若いうちからチャレンジしてみたいワンちゃんなど理由は様々です。

まずは、講義編です。犬と人との歯の作りの違い方から、なりやすい病気や、ケアの仕方を学んでもらいました。口の中のPHなどの環境が人と異なるため、もともと犬は虫歯にはなりにくいのですが、そのぶん歯石が非常につきやすく、歯周病は多い動物です。およそ人の場合、歯垢が歯石になるのに1~2週間かかるのに対し、犬の場合は3日ほどで歯石に変わります。歯周炎になると、人と同様に口に違和感を感じ、痛みなどを伴います。人の場合はこの時点で歯医者さんに行ったりしますが、犬の場合は食欲が落ちたりするまで症状を我慢しますので、気付いた時には重症です。多くは麻酔をかけた状態での処置が必要となるため、なるべく歯磨きで予防をして健康な歯を保つ必要があります。IMGP0359 IMGP0363

そのあと、ワンちゃんに登場してもらっての実践編です。何より大事なのは嫌がらせないことです。イメージとしては、赤ちゃんに歯磨きを教えるのと同じ要領です。嫌がる犬に無理にし続けても、いつの日か理解できて、大人しくなるなんてことは決してありません。犬に良い印象を与えつつ、きっちり歯磨きを行うことが重要です。そのためには、歯磨きペーストを使用するのが、一番効率的です。歯磨きペーストは、それだけでも歯石を予防する効果があります。また、味が犬好みになっているため、ご褒美にもなります。味のしない歯ブラシが口に入れられるよりも、おいしい歯ブラシが入るほうが嫌がることは少なくなります。今回は、どの子も歯磨きペーストを舐めることは大好きで、ブラシにつけても舐めることが出来ました。あとは、1,2カ月かけながら、徐々に歯を磨く訓練をするだけです。犬がその気になってくれれば、あとは難しくありません。IMGP0356

さて、今週末はパピーパーティーと、老犬のシニア教室です。パピーパーティーは今回は定員がいっぱいですので、また来月以降で子犬の飼い主さんの希望があり次第で開催の予定です。シニア教室は講義形式の、シニア期の過ごし方や注意点についてお話する予定です。まだ空きがあります。ご希望の方はご連絡下さい☆