作者別: mikami-ah

ガンバレ 実習生4 新実習生

月曜日より、大阪ペピィ動物看護専門学校より、藤井さんがインターシップ実習にきています。今は大阪で一人暮らしですが、出身は近江八幡です。一般的な動物専門学校の多くは2年制ですが、藤井さんはより専門的なことを学ぶ為に三年制の看護コースにすすみ、その3年生になります。

藤井さんは、どんな時も飼い主さんの気持ちになり、飼い主さんや動物に寄り添うことができる看護師さんになりたいそうです。専門学校では海外研修にも選抜され、いろんな事に積極的にチャレンジする頑張り屋さんです。飼っている動物は、犬と猫。そして、なんとペットとしてスッポンを飼う、珍しい看護学生さんです☆

さて、先日はショコラちゃんが診察にきてくれました。だんだん毛も伸びてきて、顔まわりの毛が目にあたりかけていたため、目の周りのカットをしました。前髪パッツンのカワイイ仕上がりになりました。ちなみに、ショコラちゃんはトイプードルとシェルティーのミックスの子犬です。これからどんなワンちゃんに育つのか楽しみです☆ 実習生にも、お手伝いをしてもらいました。2週間の実習になります、皆様よろしくお願いいたします。

当院では、学生には単なる見学ではなく、実際に患者様、飼い主様と直に接して、一つでも多くのことを学び、将来につながる実習にしてもらいたいと考えております。不慣れな対応にてご迷惑をおかけすること、また診察時にお邪魔をさせて頂くことがあるかと思いますが、ご協力のほど何卒よろしくお願い致します。

 

IMGP2825 IMGP2827-1

 

IMGP2831

小学校のお手伝い&7月休診日

先日、近江八幡市内の小学校の授業のお手伝いにいってきました。2年生の生徒たちと、うさぎの体の仕組みを勉強したり、みんなで心臓の音を聞いたりしました。ウサギになれてない生徒は、少しこわごわでしたが上手に抱っこできました。また、動物好きの生徒たちの積極的な姿にはびっくりしました。実際に動物とふれることで、きっとたくさんのことを感じとってくれたと思います。元気いっぱいな生徒たちの相手をしてくれた、ウサギさんたちもお疲れ様でした☆

IMGP2797-1

 

 

 

 

 

 

さて、7月の休診日のお知らせです。

7月3日(木曜)、10日(木曜)、17日(木曜)、24日(木曜)、25日(金曜)、31日(木曜)はお休みをいただきます。

また、23日(水曜)は通常通りの診察を行っていますが、獣医師会会議のため、午後の診察は18時頃まで院長は不在になります。ご迷惑をおかけします。

尚、21日(月曜 祝日)は、通常通り午前午後ともに診察を行います。よろしくお願いします。

 

 

 

ガンバレ 実習生3 シャンプー勉強会

どんよりとした蒸した、梅雨らしい日になりました。今週は台風にも注意が必要のようです。

さて、夏になると犬猫ともに増える病気が皮膚病です。この時期は、暑さや湿気のせいで、全身を毛で覆われた動物の皮膚には、ばい菌やカビなどが増えやすい環境なり皮膚病を起こしてしまいます。そんな皮膚病の治療や予防が出来るようにと、スタッフ向けのシャンプーの勉強会をシャンプーメーカーさんに開いてもらい、シャンプーの選び方や、効果的なシャンプーの仕方を教えてもらいました。

まず、動物にも人のシャンプーが使えるかと言えば、ダメなんです。人のシャンプーは動物からすると、非常に強くできています。肌のpHも違い、カサカサの元となるので、動物用のシャンプーが必要になります。さらに、美容向けのシャンプーと、皮膚病が多い動物向けの薬用シャンプーがあります。

また、一言で薬用のシャンプーと言っても、実は様々な皮膚に合わしたものがあります。中には、間違ったシャンプーを使ったりすると、薬用成分の効果が乏しく皮膚の改善が見られなかったり、逆に悪くなることもあります。

意外なことに、犬や猫の皮膚は人よりも繊細にできています。犬や猫の皮膚のバリアになる角質層が非常に弱く、ばい菌やアレルギーの元となるものが侵入してきやすいのです。さらに、皮膚病を起こしやすい子は、カサつきやベタつきがひどい子、ばい菌にやられやすい子、アレルギー体質の子、それぞれの皮膚が抱えている問題も違います。そのため、その皮膚の病状に合ったシャンプーにしなければなりません。

いわゆる薬用のシャンプーと言われるものは、洗浄の効果だけではなく、さらに皮膚それぞれの問題を少しでも抑えるように作られています。もちろん皮膚病には薬も大事になりますが、長期的に続けられる負担の少ない治療としては、シャンプー療法は非常に良い武器となります。

今回はスタッフみんなが、改めてシャンプーの重要性を学べ、非常に為になった勉強会でした。もし、皮膚に心配事があったり、シャンプーのやり方などでご質問などあれば、ぜひ相談してください。

IMGP2786

 

 

 

 

 

さて、10日余り実習に来ていた、谷川さん、三上さんが実習終了となりました。多くのことを経験してもらい、また飼い主さんとお話をさせてもらい、直に動物たちと接することで、たくさん思うことがあったようです。良い看護師さんと、良いトリマーさんになれること間違いなしの、勉強熱心なお二人でした。ご苦労様でした。

そんな二人が実習最終日に、今回の勉強会で習ったシャンプーの仕方を、非常に分かり易くしたイラスト付きのパンフレットを作ってくれました。

効果的な薬用シャンプーのポイントを少しご紹介すると

1.シャンプー前のクシがけを行う(抜け毛を事前にとっておく)

2.30℃以下ののぬるま湯で洗う(暖かすぎるとかゆみの原因に)

3.泡の状態で10分間(薬用の成分が浸透する)

4.しっかり乾かす(なるべく冷風)

その他にも、歯磨きの仕方や、爪きりの仕方のパンフレットを作成してもらいました。いずれも素晴らしい出来で、近いうち飼い主さんにもお渡しできるようにと思っています。ひとまず、また病院内の壁に掲示しますので、ぜひご覧ください☆

 

IMGP2789 IMGP2793 IMGP2795

 

 

 

 

ガンバレ 実習生2 爪きり&顔のお手入れ

早いもので、7月になりました。一年の半分がもう終わってしまいました。

さて、先日フレンチブルのおしとやかなお姉ちゃんパンナちゃんと、元気いっぱいのマシュマロくんが、病院に来てくれました。
今日は診察の後に、2匹とも爪きりと顔のお手入れをしてくれました。

パンナちゃんも、マシュマロくんもに大人しく、お手入れの間はじっとしてくれてました。実習生2人にも、ベテランの看護士さんのもとに、少しお手伝いをしてもらいました。緊張はしたみたいですが、うまくできました。

パンナちゃんも、マシュマロくんも、爪もお顔もすっきりです☆
よく頑張りました♪

お家の中の生活が中心のわんちゃんは、どうしても爪が伸びるのが早いです。もし、爪や耳など、お手入れが必要であれば、そんなことでも気軽に病院を利用してください☆

 

IMGP2756 IMGP2765 IMGP2762 IMGP2770

 

 

 

 

 

ガンバレ 実習生1

先週の水曜より、YIC京都ペット総合専門学校より、谷川さんと三上さんが、インターシップ実習に来ています。二人とも滋賀県出身の2年生で、実際の現場を学ぶ機会として、専門学校の授業の一環で病院実習に来られました。

二人とも明るく、非常に勉強熱心。初めてのことであっても、積極的に病院の仕事もこなしてくれています。もちろん動物への愛情も十分です。

谷川さんは学校では看護コースに所属しています。動物の一番の味方となり、飼い主さんのなんでも相談できる看護師を目指して日々頑張っています。三上さんはトリミングコースに所属しています。学校ではトリミングの腕を磨きながら、さらに看護のことまでも勉強するという頑張り屋さんです。

短い間ではありますが、一つでも多くのことを経験してもらい、将来に生かせてもらえると嬉しいです。

初めて看護学生が実際の現場を学ぶ機会となります。当院では、学生には単なる見学ではなく、実際に患者様、飼い主様と直に接して、一つでも多くのことを学び、将来につながる実習にしてもらいたいと考えております。不慣れな対応にてご迷惑をおかけすること、また診察時にお邪魔をさせて頂くことがあるかと思いますが、ご協力のほど何卒よろしくお願い致します。

IMGP2734 IMGP2743

 

IMGP2726-1

命をつなぐジャズコンサート

湖南市の滋賀県動物保護管理センターで、ジャズコンサートが開かれるとのことでお知らせを頂きました。

「命をつなぐ」がテーマだそうです。保護された動物たちと、命をつなぐ保護センターの事をもっと多くの人に知ってもらいたいとの趣旨で開かれるチャリティーコンサートです。そのことで、一匹でも多くの犬猫に、新しい家族を見つけるきっかけになればと、たくさんの演奏家が集まってくれたとのことです。

『命をつなぐジャズコンサート』

  • 日時:平成26年7月6日(日曜日)13時30分~16時00分
  • 会場:滋賀県動物保護管理センター(湖南市岩根)
  • 入場:無料
  • 主催:Jazz for dog&cat 実行委員会
  • 共催:滋賀県動物保護管理センター

ご興味のある方は、この機会に一度、ぜひセンターを訪れて見てはいかがでしょうか。詳細は、滋賀県のの動物保護管理センターのホームページまたは、病院の壁にてポスターの掲示を行っていますのでぜひご覧ください。

 

IMGP2687IMGP2695

院長のおススメコーナー2 パグなら知っておきたい50の作法 

今日も晴れました。今年の梅雨は例年よりも雨という感じがしないですね。

昨日は獣医師会会議のため、診察を少し抜けさせて頂きまして、ご迷惑をおかけしました。9月に竜王町のドラゴンハットで行われる、しが動物フェスティバルの会議に出席してきました。去年は、ふれあい教室や小学生を対象とした模擬動物病院の体験、出店なんかもあり、たくさんの方に訪れていただきました。今年もさらにパワーアップした動物に関わる楽しい催しものを企画中です。また詳細が分かり次第、お知らせします。

 

さて、院長がおススメするコーナー第2回。今回は現在我が動物病院で、最もおススメの本2冊をご紹介。

『パグなら知っておきたい50の作法 基本偏』

『パグなら知っておきたい50の作法 恋愛偏』

この本の紹介文にはこのようなことが書いてあります。

【名門犬種パグに生まれたからには、知的で洗練されたパグにならねばなりません。身だしなみの基本事項からディナーのマナーまで、パグ道を極めるための至高のマナー&ルール、ベスト50を紹介。笑えて役に立つパグ必読の1冊】

パグ必読!?どうやら、この本は人間のためではなくて、パグがパグらしく生きるためのマナーブックのようです。が、大丈夫です。思わず犬好きならあるあるとにやけてしまう出来事に、イラストレーターである著者が書かれた何とも言えない絶妙な顔のパグたちのイラストがたくさんあり、人間が読んでもとってもおもしろい本です。

病院の本棚にございますので、ぜひ手にとってご覧ください。犬好きの方、特にパグ中毒の方におススメしたい、2冊でした。

 

IMGP2689

 

 

 

 

 

IMGP2690

 

 

 

 

 

IMGP2691

花壇の植え替え

梅雨ですが、天気の良い暑い日が続きます。冬から春にかけて本当にきれいに頑張ってくれたパンジー、ビオラもこの暑さでついに限界がきました。これから暑い時期にむけて、先日花壇の植え替えを行いました。

夏はマリーゴールドとジニアなどが中心の花壇になります。今はまだ少し寂しい花壇ですが梅雨の時期にぐっと成長して、秋までたくさん花を咲かせてくれると思います。ぜひ、お越しの際は花々の成長もぜひチェックしてみてください。

きれいな花を咲かすため毎日の水遣りが、院長の仕事に加わりました。綺麗な花がたくさん咲きますように☆

 

IMGP2679 IMGP2676 IMGP2674

6月休診日&野生動物

6月になりました。動物たちにとってもバテやすい、梅雨になってしましたした。日中、暑さ対策には十分にお気を付け下さい。

昨年の夏に野生動物保護の勉強のため北海道に行かせてもらいました。札幌から東に約400kmの中標津というところに、道東野生動物保護センターという施設があります、そこで1週間ほど泊まり込みで、研修をさしていただいたきました。

先日、北海道からそのセンター長である森田先生がはるばるかけつけてくださいました。

森田先生はご出身は、滋賀県は日野です。大学卒業後に北海道に行かれて、今もなお野生動物の保護活動で現役でご活躍されております。また、20年程前より動物に関わる学生さんや社会人に研修の場を与えて下さり、後進の指導にも力を入れられております。研修中は本当にたくさんのことを教えていただきました。「北海道にきた観光客が、たくさんキタキツネやエゾシカに出会えてよかった、北海道は自然がいっぱいですねと言う。人の前に姿を現す動物たちに、本当にそれが本来の北海道の自然の姿であろうか。」と言われたのが印象的でした。短期的な対策ではなく、長期的なことも考える。個を見るだけではなく、いつでも全体を見渡すことの重要性を学びました。滋賀県出身の方が、違う地域で活躍をされている姿に、非常に刺激をうけた先生でした。

もちろん滋賀県も野生動物はたくさんおり、琵琶湖はたくさんの野鳥が生活の場としています。微力ながらも、我々若い世代が地域のことを考え、少しでも関わりをもっていかないといけない分野だと思っています。

IMG_3431IMG_3409

 

IMGP2636

 

 

 

 

 

6月の休診日です。

6月5日(木曜)、12日(木曜)、19日(木曜)、26日(木曜)はお休みを頂きます。

なお、18日(水曜)は通常通りの診察ですが、獣医師会会議のため午後診察は18時頃まで院長は不在となります。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

 

 

猫の皮膚病&シャンプー

先日、入院していた猫ちゃん(おチビちゃん)ID0279 14.04.29 北おちび 皮膚2をシャンプーしました。

おチビちゃんはもともとノラネコちゃんで、皮膚病がありました。新しくお家に迎えてもらう前に、元いる猫ちゃんたちに皮膚病がうつらないようにと、飼い主さんの希望で入院治療となりました。

おチビちゃんは、カイセンというダニに感染しており、体中に掻き傷だらけでした。カイセンは主に、外猫ちゃん同士でうつってしまう、非常に痒みの強いダニです。一般的なダニの予防薬では効かないのが非常に厄介な病気です。

おチビちゃんは入院後すぐに、ダニの駆虫薬と抗生剤にて治療を開始しました。痒みも減って、体の傷少なくなって、退院の前には随分きれいな猫ちゃんになりました。

退院前にはシャンプーをしてもらい、さらにキレイになってもらいました。猫はシャンプーを嫌がる子が多いですが、ゆっくり休憩しながらするのがコツです。やっぱり、猫もきれいになると気持ちがよいのか、シャンプー後はかなりご機嫌な様子でした。

これからの時期、外に出る猫ちゃんはいろいろな皮膚病の元となるノミやダニなどをもらってきます。ノミやダニは人にも痒みが出る為に、きっちりと予防することが大事となるものです。特にこれからの暑くなるにつれて注意が必要です。

また、当院でももう少し設備が整えば、薬の治療以外でも皮膚のお手入れのお手伝いが出来ればなと考えています。トリミングサロンなどではどうしても断られてしまうような、皮膚病や高齢のワンちゃん猫ちゃんはそれなりにいるようです。病気だけではなく、そんなところもケアが出来るような、病院にしたいと考えております☆

 

IMGP2627 IMGP2629