カテゴリー: 院長ブログ

院長の気まぐれブログ

食欲の秋に注意

随分と涼しくなってきました。だんだんと日が短くなってきました。夜になると月もキレイです。夏の花壇も、暑さも落ち着き再び花が増えてきました。さて、秋が深まってくると、世の中にはたくさんおいしものが出回ります。人もおいしいものに誘惑されますが、動物もおいしいものには目がありません。

特に秋になるとフルーツ類もおいしいものがたくさん出回ってきます。人も食べる機会が増えると思います。そんな時に、動物たちは普通のフードにはない味やにおいがします。しかしその時に、おうちの動物たちにねだられてもなるべくあげないようにしてください。

また、人間は栄養素に偏りがでないように、野菜や果物をたくさん食べる方が健康的です。しかし、犬や猫の食事のほとんどは、総合栄養食として作られており、それで基本的な栄養素は過不足なく補えております。様々な栄養に対する仕組みとしても、犬猫がもともとに食べ慣れていないフルーツなどは、人には必要であっても、犬猫には必要のない栄養素もたくさんあります。

まず、フルーツ類は、犬や猫にとっては消化が比較的にしにく食べ物になります。人間は雑食ですので、肉も魚も野菜も果物も多くの物を消化できるような体です。しかし、犬や猫はもともと肉食寄りの動物です。食べれない訳ではありませんが、消化は苦手な食べ物です。なかには下痢をする場合もあります。

さて、様々なフルーツ類の中でとくに気を付けてもらいたいのが、リンゴやナシです。リンゴやナシは甘酸っぱさがあり、犬猫も気になる食べ物です。もちろん一個を丸ごとあげることはありませんが、一口サイズにしてあげることがあるかもしれません。人は味と食感を楽しみながら食べると思います。しかし、犬や猫はあまり食事を噛むことをしません。そのため、そのままに丸のみにしてしまう事があります。その際に、時々にのどにひかかることがあります。のどを通らなくて、飲み込むことも吐く事もできなくなると大変です。また、詰まるところが悪ければ、呼吸にも影響することがあります。夜間病院などで、のどにつまるもので非常に多いものが、そのような果物類だそうです。人の感覚では大丈夫なそうでも、危ない食べ物もあります。

また、もう一つきをつけてもらいたいフルーツが、ブドウです。ブドウは実は、犬猫にとっては、腎臓へ中毒症状を起こすことがあります。腎臓はおしっこを作るところですが、腎臓がダメージを受けると、最悪は急性腎不全になり、おしっこがでなくなる事があります。おしっこがでないところまで、腎臓がやられてしまうと、高確率で命に関わります。また、なった際に有効な特効薬のようなものもありません。何とか運よく、乗り切ったとしても、腎臓は再生力が乏しい臓器であるために、その後に慢性腎不全に移行して、一生に持病として付き合わないといけない場合があります。寿命も当然にかなり短くなります。ブドウの中毒は比較的に有名なので、日頃から気を付けてもらっている方も多いと思います。ただ、ブドウはパンにも入っていたりしていますので、レーズンパンなどうっかりあげないように気を付けてください。

ねだられたとしても、人の食事は良かれと思ってあげたものが、調子を崩す可能性があります。ほしがっているとあげたくなる気持ちはよくわかるのですが、健康のために、なるべくですが人用の食べ物は極力上げないようにしてください。どうしてもの場合は、ペット用のおやつを適量用意してください。人も動物も、食欲の秋に負けずに、健康的な秋をお過ごしください☆

頑張れ学生さん

8月後半から先週まで、動物看護士を目指す専門学生さんや、大学で獣医師を目指す学生さんが実習に来ていました。診察等でお邪魔をさせて頂きまして、ありがとうございます。

学校で学んだことを中心に、実際の動物病院での仕事を見てもらったり、時には経験してもらいます。診察の合間に、病気や動物の体について質問をしても、しっかり答えられてよく勉強されています。それでも事前に勉強したことでも、実際で見ると違います。興味津々で、いろいろな事を勉強してもらいました。

さて、今回は動物看護士の学生さんが、ペットの災害の備えのポスターを作ってくれました。災害に対しては人への備えももちろん必要ですが、ペットを飼われている際は、ペットへの備えも必要です。地震や大雨などの災害はいつ起こってもおかしくはありません。

まずは、ケージです。できればケージは常に準備をしておき、日頃より慣らしておくことが理想です。今は、ペットも同行避難と言い、避難所に一緒に避難できる場合があります。

また、最低5日ほどの食事や、ペットシーツなど日頃に必ず使うものも、人の避難グッズと一緒に準備して頂けたらと思います。また、治療で薬を飲んでいる動物は、避難の際は薬も忘れないようにしてください。

また、万が一にはぐれてしまった時のために、出来れば首輪などに名前や住所を書いた迷子札を付けた方が安心です。今は簡単にマイクロチップも入れることが出来ます。首輪を日頃つけてない犬や、猫の首輪はもともと外れやすいため、そのようなペットには、マイクロチップも一つです。

さて、動物看護士の学生さんは来年の春には資格の試験があります。今はどの分野の学生さんも、緊急事態宣言等で時には授業や実習に変更がでたりで、例年にないカリキュラムになっているようです。またちょっとした息抜きや、楽しい学生生活も我慢の方が多いと思います。ぜひぜひ、今の大変さをバネに、社会で羽ばたきより輝いてほしいと思います。頑張れ、学生さん☆

2021年9月休診日のお知らせ

9月休診日のお知らせです。9月2日(木曜)、9日(木曜)、16日(木曜)、23日(木曜)、 24日(金曜)、 30日(木曜)はお休みを頂きます。

お盆期間の診察の振替で、9月6日(月曜)~8日(水曜)にお休みを頂きます。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
また、9月20日(月曜・祝日)は通常通り、午前午後ともに診察しております。振り替えで、24日(金曜)にお休みを頂きます。

さて9月になりました。子供たちの夏休みも早いもので終わりました。あまり夏休みらしい夏ではなかったかもしれませんが、少しでも楽しい思い出を作ってくれていたらと思います。先日は、夏休みの宿題の自由研究で、小学生が動物病院の取材に来てくれました。大人の発想にはない純粋な質問ばかりで、こちらも改めていろいろな事を考えながら答えさせてもらいました。少しでもお役に立てていらたらと思います☆

雨とシャンプー

天気の悪い日が続きます。大きな被害はないものの、ここ数日は近江八幡市も大雨が降っております。これだけ雨が降ると、なかなか散歩に行くタイミングも難しいと思います。そんななか、雨の合間であっても散歩に行くと、気を付けていてもどうしても汚れがついてしますと思います。そんな時に必要な、シャンプーの話です。

まず普通は、どのぐらいの頻度でシャンプーをしたら良いかと相談を受けることがよくあります。基本的にはシャンプーは皮膚や被毛に汚れがなければ、そんなに頻繁に必要ではありません。

やらなさ過ぎもよくないですが、やり過ぎも皮膚にとってはよくありません。中には毎日しても大丈夫な強い皮膚の犬もいますが、もちろん、毎日や毎週は必要はありません。だいたいは、室内犬であれば1~2カ月に一回ぐらいでもよいのではと思います。ただし、例外として皮膚病や体質的に脂性の犬の場合は、治療や予防として1,2週間に1回ぐらいで必要な場合もあります。

ただ、雨の散歩などで汚れてしまった場合は、そのまま汚れをおいておくよりは綺麗な状態に保つ方が良いです。そのため、今回のような雨の中の散歩のときは、その都度で洗ってもらっていいと思います。ただし、汚れがついている場所を、度合いによっては、水だけで部分洗いするぐらいでいいと思います。どうしても汚れがひどい場合は、必要な場所にシャンプー剤をつけて下さい。

また、高齢動物の場合は、特に全身的なシャンプーは体力的にも負担になります。場合によれば、体を拭いてもらう方が良い事もあります。また、水洗いが必要ない、ドライシャンプーもありますので、上手に使い分けてもらえたらと思います。完璧よりは、ほどほど綺麗な負担のないお手入れにしてもらえたらと思います。一生懸命の方ほど、やりすぎる事もありますので、適度に手を抜いてください。

また、基本となりますが、犬猫にシャンプーをする際は、それぞれ犬猫用のシャンプーにしてください。人用のシャンプーは、毛や皮膚の働きも違うので、バサバサになってしまいます。後は、きっちりと乾かすようにしてください。決して晴れた日であっても、濡れたままにはしないで下さい。毛の中はなかなか乾かないので、生乾きのままだと、雑菌が増えて、むしろシャンプーのせいで皮膚病になる可能性があります。

もう少し雨の日は残りそうですが、この雨が終われば、一気に夏の終わりでしょうか。降りすぎると嫌な雨ですが、そんな雨の合間の中に綺麗な虹がかかっていました☆

 

 

2021年8月休診日のお知らせ

8月休診日のお知らせです。8月5日(木曜)、12日(木曜)、13日(金曜)、19日(木曜)、26日(木曜)はお休みを頂きます。

お盆期間も診察を行います。(14日、16日は午後診察に時間変更があります。)また、8月9日(月曜 祝日)は診察いたします。振り替えで、13日(金曜)にお休みをいただきます。

8月9日(月/祝日) 午前:9時~12時 午後:14時~16時
8月10日(火曜)  午前:9時~12時 午後:16時~18時
8月11日(水曜)  午前:9時~12時 午後:16時~20時
8月12日(木曜)  休診日
8月13日(金曜)  休診日(祝日振替)
8月14日(土曜)  午前9時~12時
8月15日(日曜)  午前9時~12時
8月16日(月曜)  午前9時~12時
8月17日(火曜)  午前9時~12時 午後:16時~18時

最近では、春に引き続きで、ノラ猫ちゃんたちの相談をよく受けるようになりました。春に出産した子供たちが、離乳もできて随分と大きく育つ時期となります。

もし、お家の敷地内や近所で生まれた子猫を保護したい場合は、親から離れても食事面等でも手がかからなくなっている時期です。また、まだ好奇心もあり、新しい家にも慣れやすい時期となります。ワクチン等も生後2、3か月で出来るようになります。里親に出す場合もちょうどよい頃だと思います。

出来れば、保護するときは最低限、ノミマダニ予防はしておいてください。家に入り込むと、特にノミはこの時期は家でも繁殖します。また、家にすでに猫がいる場合は、すぐには一緒にしないでください。寄生虫や猫の風邪等、うつる病気もあるため、出来れば1週間ほどの経過観察と、簡単な検査等は受けといてもらう方がよいと思います。

また、春に出産した親猫を手術するのも、離乳が終わり、次の妊娠出産がある前のこの時期がちょうど良い頃となります。それぞれ個人差はありますが、離乳が終わると、母猫は次の発情にむけてホルモンバラスが変わってきます。

猫の妊娠期間は2カ月(約60日)ですので、あっという間に次の出産が起こります。お腹が大きくなったころには、出産の前になります。

さて、当院の夏の花壇もだいぶ大きく育ってきました。毎日の水やりはかかせませんが、何とか綺麗な状態を保ちたいと思います。植物はこの暑さの中でも、いきいきと咲いてきます。植物を見習いつつ、夏を乗り越えていきたいと思います。皆様も暑さには無理なく、お気を付けください☆

夏の散歩に注意

全国的に梅雨が明けるニュースが出ています。蒸し暑い梅雨から、本格的な夏に移行します。さて、この時期からは人も動物も熱中症に気をつけなければなりません。連日暑さに人も動物もバテそうです。

実は犬は寒さにはそれなりに強いですが、暑さにはそれなりに弱いです。もともと、犬などは人間のように汗をかけないために、暑くてもあまり体温調整が上手には出来ません。犬を飼われていると、夏場の暑い午前中は食欲が少々落ちる印象がある方は多と思います。

特に暑い日に気を付けてもらいたい事が、毎日の散歩です。真面目な飼い主さんほど、毎日の日課になっているので、きっちりとしなければと思われていると思います。犬にとっても散歩は一日の中でも、大きな楽しみの一つだと思います。ただし、この時期は散歩は、体調を崩す可能性も多いです。

まずは、散歩に行く時間を注意してください。朝はなるべく早いうちに、夕方はなるべくに遅い時間帯にを基本にしてください。この時期は単純な気温だけではなく、アスファルト等の地面が熱くなるために、顔が地面に近い犬は人と比べると5℃近い暑さを感じます。散歩する前に、一度地面の温度を触って確認をしてみて下さい。

また、暑い日は、少々行く距離や時間を短くしてもよいと思います。本当に暑い日は、極端に言うと、排尿排便ができれば、1,2日ぐらい散歩がなくても良いです。それぐらいでは犬は運動不足やストレスになる事はありません。毎日の日課であっても、命がけでしないといけないことではありません。

なるべくですが、高齢の犬であればより気を使ってあげて下さい。もともと、余力も少なく暑さの変化にはついていきにくいです。また、心臓病や呼吸器疾患をもっていると、悪化する事もあります。

また、パグやフレンチブルドッグなどの短頭種と呼ばれる犬種も気を付けてください。鼻の穴が狭くただでさえも呼吸がしずらい中で、暑さとあわさって呼吸が荒くなり、非常にばてやすい犬種です。

また、若い犬でも、テンションの上がりやすい犬は気を付けてください。少々しんどい暑さでも、我を忘れて積極的に走ったりひっぱたりします。帰るころには、体温があがりすぎて熱中症の症状が出る犬もいます。

また、日頃から散歩後は自由にしっかり水が飲めて、直射日光があたらずに休める環境も作ってあげてください。熱中症についてのパンフレットがございますので、ご覧になりたい方はお声がけ下さい。散歩は犬にとっても楽しみだからこそ、今一度、安心して過ごせる夏の散歩の仕方を見直してあげて下さい☆

 

外耳炎オンラインセミナーのお知らせ 

犬の雑誌「いぬのきもち」が主催する、パソコンやスマートフォンからみれる、飼い主さん向けの無料のオンラインセミナーが開催されます。お題は、「夏にこそ気を付けたい皮膚と耳のトラブル」とのことで、実際にこの時期にも多い、皮膚と耳の話です。

7月10日(土曜)より、21時~22時半の一時間半です。講師の関口先生は、皮膚専門で検査や診察をされている獣医師で、獣医師向けのセミナー等でも有名な講師です。

犬の気持ちのホームページより7月8日(木曜)までの事前の申し込みが必要になるようです。https://dog.benesse.ne.jp/withdog/content/?id=104257

まだまだ、本格的な梅雨が続きそうです。ぜひ、この機会に、皮膚や耳のトラブルについて勉強して、快適な夏を過ごして下さい☆

2021年7月休診日のお知らせ

今週はどんよりと全国的に梅雨らしい日が続きます。暑さも湿気もあり、人も動物もばてやすい季節です。くれぐれも体調には気を付けて下さい。

さて、7月休診日のお知らせです。7月1日(木曜)、8日(木曜)、15日(木曜)、22日(木曜)、29日(木曜)、30日(金曜)はお休みを頂きます。また、7月23日(金曜 祝日)はスポーツの日とのことで祝日になりますが、診察いたします。振り替えで、30日(金曜)にお休みをいただきます。

さて、今回は、飼い主さんより頂きました猫の姿のせんべいのご紹介です。実にかわいい姿で、食べるのがもったいないぐらいでした。猫ブームのなか、伝統あるせんべいの世界にも進出している、猫の今後の動向に目が離せません☆

大恐竜展 佐川美術館

現在、守山市の佐川美術館で大恐竜展が開催されています。今週末で終わりだそうです。生き物好きですので、恐竜ももちろん、興味のある生き物の一つです。

福井の恐竜博物館の協力のもとに、有名な恐竜の復元骨格がたくさんありました。学生の頃に、動物の骨のスケッチをたくさんして、骨や体の仕組みを勉強しました。さすがに、恐竜の骨は大学でも習ってはいないので、興味津々で観察しました。数億年前に栄えていた恐竜と、1万年前に出てきた犬などの動物の骨格がほとんど同じなのは、非常に興味深いです。肢の作りなんかは、恐竜も、牛も、犬もほとんど同じです。

ただ、頭の骨や口の作りは、様々でおもしろかったです。恐竜が栄えた時代は、酸素濃度も高く、気温も高めで、生き物はどんどん大きくなったそうです。また、骨格から推測された恐竜の動く標本がなんともリアルでした。化石では皮膚の色合いなどは分からず、最近では恐竜には羽毛があったなんて発見もあるそうです。

映画のように、いつか本物の恐竜が蘇る事ができてしまって、病気になった恐竜が動物病院に運ばれる日が来ない事を願いながら、恐竜展を後にしました。ご興味のある方は、あと2日ですが、ぜひ足をお運びください☆

2021年6月休診日のお知らせ

梅雨に入りましたが、晴れがしばらく続いたと思えば、激しい雨が降るような梅雨です。例年のようなシトシトとした梅雨ではなく、今年も少し例年にないような気候です。雨での災害も心配ですし、またただでさえも調子を崩しやすい時期です。体調にはお気を付けください。

さて、6月休診日のお知らせです。6月3日(木曜)、10日(木曜)、17日(木曜)、24日(木曜)はお休みを頂きます。

冬から秋にかけて、頑張ってくれた花壇もいよいよ、終わりが近づいてきました。今年は暖かく雑草の勢いがあったうえでに、ほとんど草抜き自体も出来ませんでしたので、草だらけの花壇になりました。まもなく、夏の花壇に代わります。夏の花壇は、なるべく草がないよう、綺麗な花壇を保ちたいと思います。ご期待下さい☆