わんにゃんマルシェ&ペットの防災

春の予防シーズンが間もなくはじまります。そろそろ、当院も本格的にフィラリア予防開始の準備を行っています。この春も様々なテーマで勉強会も開催の予定をしています。また、ホームページでもお知らせをいたします。IMGP1537

IMGP1535さて、先日わんにゃんマルシェが開催されました。動物と人が共に生きる事を目的として、保護犬・猫の譲渡会や、様々な雑貨屋、飲食店があります。今回はあいにくの雨でしたが、たくさんの人が来られていました。私も午後からでしたが、参加をさせて頂き、動物のなんでも相談のコーナーを担当させてもらいました。IMGP1534

今回は、ペット防災指導員の方がペットと災害の備えについて、話をされておられました。その中でも印象的だったのは、人の場合は災害が起こった時に、食べ物などの救援物資が届くのに、約三日ほどかかるため、最低でも3日分の食料や水の準備が必要だそうです。ただ、ペットの食事などが十分に支給されるようになるのは、場合によれば一か月ほどかかるそうです。そのため、ペットの食事などの生活の備えは最低でも一か月分を、準備しておいた方がよいとのことでした。自分のペットを守れるのは、やはり自分です。また、人も動物も災害のための備えは、ローリングストック法という、備えながらも期限を考え、徐々に使いながら入れ替えてていく方法が、良いそうです。IMGP1538

東日本大震災から、八年がたちました。改めて、人はもちろんですが、ペットを飼われている方は、災害の備えについて今一度、準備や確認をしてみて下さい。今回は、さらにペットの緊急の時の心肺蘇生法の実演もありました。また、来月もマルシェは開催されるようです。ぜひ、ご興味のある方はご参加下さい☆IMGP1545

 

Follow me!

Comments are closed.

PAGE TOP