フィラリア予防は最後まで

11月も中旬になりました。少しずつですが、秋も後半に進み昼は暖かいですが、朝晩は随分と冷え込むようになりました。

さて、5月よりスタートしてもらっているフィラリア予防薬も、そろそろが最終の投与になります。お忘れがありませんように、きっちりと投薬してください。

11月になると、確かに蚊もほとんどいなくなります。うっかりとフィラリア予防薬の投与を忘れいてしいそうです。しかし、寒くなったまさに今のフィラリア予防薬は非常に重要で、忘れずに飲んでもらいたい薬です。

そもそも、フィラリアの予防薬とは、厳密に言うと、蚊によってフィラリアの寄生虫が侵入するした後に、心臓に到達する前の成長段階でやっつけるための、駆虫薬となります。結果的に、心臓を悪くするフィラリア症を予防をします。

そのため、11月中旬の薬は、そこからの感染を防ぐのではなく、むしろそれまでの9月や10月に蚊に刺されたことによって、感染しているかもしれないフィラリアをやっつけることとなります。逆に、春の早い時期に蚊がでたとしても、5月の薬が3,4月の蚊にさされた分をやっつけてくれます。蚊の時期より1カ月間ずれることとなります。

そのため、11月がいくら寒くても、必要となります。特に最後の薬が抜けると、次は来年の春まで薬を使う事はないために、春にかけて成長を続け最終は心臓に到達して悪さをされてしまいます。

うっかり忘れていて12月になっていたとしても、その時点で最後のフィラリア予防薬を投与してください。また万が一に、うっかり忘れがあって薬が残ったとして、次の春に飲ますことはやめてください。もし、感染が起こっていた場合は、通常のフィラリア予防薬は重大な副作用が出る場合があります。必ず感染がないことを、検査してから投与する事が重要です。

11月の薬を決してお忘れありませんようにしてください☆

Follow me!

Comments are closed.

PAGE TOP