当院の新型コロナ対策について

全国的に新型コロナウィルスの感染が流行しております。冬場ということもあるかもしれませんが、以前よりも流行は大きくなりそうです。様々な治療が試され、対策がとられてはいますが、まだまだ分からないことも多く、特に高齢の方は重症化するリスクが高いのは変わりないようです。

最近でも、海外では新型コロナウィルスの様々な動物に関する感染事例が報告されています。先日ではアメリカで動物園のゴリラにも感染したとニュースがありました。感染のしやすさには違いがあるかもしれませんが、様々な動物にも感染する可能性があると考えておく方が良いかもしれません。

もともと人と同様に、コロナウィルス自体は昔からある感染症の一つです。特にノラ猫は高い確率で感染したことがあります。しかし、新型コロナウィルスの動物への感染力や、症状等、まだまだ分からない事の方が多いです。診察時などに、ペットに関して新型コロナウィルスの感染を心配の声を頂くこともあります。出来ることは、現時点では基本的には人の間で流行してしまっている感染症なので、飼い主が感染しない事が一番の予防になると思われます。

さて、当院では引き続きに、新型コロナウィルスの感染予防の対策を行っています。

・予約診察は時間帯で枠を設けており、診察の分散が出来るようにしております。なるべく診察時間が分散できるように、予約診察もご利用下さい。
(ただし、食欲、元気がない等の重症の症状は、予約なしでも、なるべく早い時間帯の診察をお勧めします。)

・待合室が混雑している際は、お車でお待ち下さい。順番が近づき次第、お知らせいたします。

・混雑時には、長期の内服薬の処方・調剤には、時間がかかります。ご希望の方は診察後に会計だけを済ませて頂いて、後で薬のみ取りに来ていただく事もできます。

・当院では通常、動物の院内感染防止のため、一日2回の病院全体の消毒を行っております。人の感染症にも有効であるため、現在は消毒回数を増やしております。待合室等でお待ちいただいてる際も、消毒作業でご迷惑をおかけするかもしれませんが、ご了承下さい。

・入り口にて、アルコール消毒(自動)を設置しております、ご来院の際はお使い下さい。

・混雑を避けるため、院内にはなるべく少人数でおはいり下さい。

・皮膚病、外耳炎、ホルモン疾患等の継続した投薬治療が必要な病気で、当院での治療にて病状も安定している場合は、ご希望の方は相談の上、長期(約2カ月まで)の処方を検討いたします。

みかみ動物病院 院長

*今後、診察時間や対策等も、その時々の状況により、変更する場合があります。変更はホームページにも掲載いたします。

Follow me!

Comments are closed.

PAGE TOP