狂犬病予防注射&子ネコ

日が随分長くなってきました。夕方も六時を過ぎてもまだまだ明るいです。天気が良い日は、そろそろ散歩時の地面の温度を確認してください。人が涼しい時間帯も、犬にとってはまだまだ暑い場合がありますので、お気を付け下さい。

IMGP7602

さて、春は役所より、狂犬病予防注射のお知らせが来ていると思います。4月と5月には、集合注射は地域の公民館や広場などで、各地をまわっています。今年は五個荘や安土方面をまわらしてもらっています。来週は、安土方面を回る予定です。

狂犬病とは、犬に噛まれることにより人に感染する、人獣共通感染症の一つです。ほぼ100%の致死率をもっています。日本はいったん様々な対策により終息した数少ない清浄国ですが、世界ではまだまだ死亡者が多いく流行っています。狂犬病は犬以外の動物もかかるために、いつかは再び日本に侵入するのではないかと言われています。病気の流行を防ぐためには、人の感染源で一番多い犬の大多数を予防することが、人への感染を防ぎます。

日本では狂犬病予防法により、犬を飼われている方は一年に一回の注射が義務付けられています。これは犬を守るためだけでなく、家族やまた周りの人を守るためには、責任として果たす必要があります。ただし、病気の治療中の場合は延期、中止の申請も可能です。集合注射はこの時期だけですが、動物病院では一年中接種が出来ます。またこの時期は、フィラリアの処方と同時に接種も可能です。決して忘れないようにしてください。

IMGP7619

さて、今回のおまけは、とてもかわいらしい産まれたての子猫です。近所に産まれて放置されている子猫がいたとのこで保護されてこられました。まだまだ目も開いてないですが、元気に鳴いていました。ちなみに体重は80グラムぐらいです。この時期の子猫は2,3時間での哺乳が必要になるため、お世話は大変ですが、頑張って育てるとのことでした。貰い手はまだ、見つかってないそうです。もしご興味のある方は、どうぞお知らせください☆

IMGP7624 IMGP7625

 

Follow me!

Comments are closed.

PAGE TOP