狂犬病予防注射

5月も中旬になりました、そろそろフィラリアの第一回目の投薬が必要な時期です。フィラリア予防はお済みでしょうか?まだの方は、遅くとも5月中にはお越し下さい。気温が上がってくると、フィラリアの感染の可能性が高くなってきます。さて、フィラリア予防もそうですが、4.5月は狂犬病予防注射も受けられる方が多い時期です。狂犬病予防注射は、犬を飼われている方は接種が義務となっているため、必ず打ってください。市町が行う、地域を回る集合注射では4、5月になります。動物病院では基本は一年中打つことが可能です。

狂犬病の病気は、世界で最も危険な人獣共通感染症です。犬だけでなく、いろいろな動物が感染を起こし、人が感染した場合もほぼ100%死亡します。世界では、まだまだ死亡者の多い感染症の一つです。日本人でも時々に、海外で犬にかまれた、狂犬病で亡くなるかたのニュースもあります。

昔は日本でも発生が見られ、その多くは犬によるものでしが。しかし、狂犬病予防法により狂犬病予防注射が義務化になり、いったんは日本からはなくなった病気です。特に島国である日本は、動物の侵入が起きにくい事も要因かもしれません。世界では日本のような、狂犬病がない国の方がまれです。

ただ、昔と比べると人や動物の行き来が昔に比べても、活発になってきています。また、いつの日か日本にも発生が起こるのではと言われています。もうずいぶんと感染は起ってはいませんが、犬同士のケンカや、人を噛んだ際は、おおごとになります。当院でも何度か、そういった事故の後に噛んだ犬が、狂犬病の感染がないかどうかの証明を作成するための、検査を行ったことがあります。

狂犬病予防注射は、フィラリア予防の内服処方と同時に可能です。この春の時期に、まだの方はお早い目にどうぞお越し下さい。

さて、市町の集合注射は今年は近江八幡市を担当しました。4月は主に、八幡学区と岡山学区をお邪魔しました、八幡の図書館、八幡のコミセン、加茂神社や岡山小学校なので、注射を行いました。5月は、島学区と、北里学区を回りました。スタートは能登川の境目の大中から、ゴールは野洲との境目の佐波江まで、かなりの移動距離でした。いつもは病院の中で仕事をしているので、太陽の下での診察もいいものでした☆

Follow me!

Comments are closed.

PAGE TOP