開院三周年&膀胱炎に注意

12月4日で、みかみ動物病院を近江八幡市江頭町で開院してから丸三年となりました。当日もお声をかけていただいたり、お花を頂きまして、ありがとうございました。通院していただいてる飼い主様、また地域の皆様のおかげです。これからも地域に根ざした、動物病院となれるよう精進していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

imgp8577imgp8574さて、寒くなりましたので、この時期に多い病気の一つ、膀胱炎の話題です。この時期は、寒くなり自然と飲水量が減少するため、トイレに行く頻度も減り、膀胱炎になりやすくなります。特に猫は膀胱炎が多く注意が必要です。症状は、おしっこに血が混ざり赤かったり、トイレの回数が急に増えたり、なかなかトイレから出てこないなどの症状が出てきます。食欲や元気などはあまり減らないですが、残尿感が常にあるため、本人はストレスが大きい病気です。また、膀胱結石が出来ると、外科手術も必要となります。なるべく、早期に発見して、治療することが重要です。

また、予防としては水とトイレの管理が重要となってきます。もちろん、しっかり新鮮なお水を切らさずに用意してもらうことは基本です。特に、猫はお気に入りの水の入れ物や、飲み方があるはずですので、一度あれこれ試してみるのも良いと思います。特にこれまで冬場に膀胱炎になった子は、食事をふやかしたり、ウェットフードに切り替えるのもありだと思います。

さらに、トイレを我慢しすぎることもよくないです。散歩でトイレをする犬は、きっちりトイレに連れていってもらう。猫の場合は、トイレを見直す必要があります。まずは、トイレの数は、飼ってる猫の数より+1が理想です。少なくとも、複数の猫が共用にならないようにしてください。また、なるべくカバーがついてないものが理想です。カバーがついているトイレは、使う猫にとっては匂いがこもって不人気です。また、トイレの砂は、細かいもののほうが良いようです。

膀胱炎も治療よりも、予防が重要です。もし、怪しい症状があれば、尿検査で診断可能ですので、一度ご相談ください☆

imgp8568

 

Follow me!

Comments are closed.

PAGE TOP