2022秋の健康診断キャンペーン

随分と秋らしくなってきました。朝夕は随分と涼しくなってきました。さて、当院では9月、10月で秋の健康診断のキャンペーンを行っております。通常よりも随分とお安く健康診断を受ける事が出来ますので、日頃からの健康が気になる方はもちろんのこと、体調が良いからこそあまり病院に来る機会がない方にも非常におススメのキャンペーンとなっております。特に猫の場合は、一年で一番お安い時期となります。

一般的には若い犬猫は一年に一回の健康診断が推奨されています。(シニア期以上は、1年に2回が)犬猫の場合は、1年間で人間の4~5年分の歳をとります。動物にとっての一年間は、知らず知らずのうちに病気が出てもおかしくありません。特に7歳以上は、シニア期に入りますので、病気も一気に増えてきます。人と違ってちょっとした自覚症状を訴える事をしない動物は、結局体調が悪くなってからになってしまいます。

健康診断では、日頃の様子を聞きつつ、身体検査を行います。身体検査では、触診にて、適正な体重体格(太りすぎ痩せすぎ)や、耳や皮膚に問題がないかをチェック。また、聴診によって、呼吸や心臓の音に異常が出てないか等を調べていきます。また、お家で気になる事等があれば、小さなことでもお聞きして頂けたらと思います。

特に健康診断での主体となってくることは、血液の検査となります。健康診断では特に、症状が出てない病気の早期発見が目的に一つにもなります。血液の検査では、様々な表に出てきにくい病気を見つける事が出来ます。

血液の検査では、特に最重要の項目は腎臓になります。腎臓病は、犬猫共に高齢疾患の一つで、特に猫には非常に多い病気です。最初のうちは、症状があまり出てこないため、血液検査が早期発見の助けになります。また、一度悪くなった腎臓は元に戻すことは出来ないため、症状が出てからでは出来る治療が少なくなります。早めの発見で進行にブレーキをかけることで、腎臓病と長く上手に付き合っていくことができます。

同様に肝臓も沈黙の臓器と呼ばれており、症状が非常に出にくい臓器の一つです。若い動物の場合は、生まれつきに肝臓が弱い病気や、変わったものを食べての中毒。高齢になっていくると、肝炎や肝臓がん等の病気も出てきます。健康そうに見えても、よくひっかかる臓器の一つになります。肝臓病は治る病気もあれば、付き合っていく病気もあり様々です。

それ以外でも、血液の検査では、脱水、栄養状態のバランス、糖尿病等のホルモン疾患等、様々な病気の早期発見に役にたちます。また、高齢期の猫の場合は、腎臓病や甲状腺機能亢進症を調べるセットもあります。また、外に出る猫の場合は、エイズ・白血病などの伝染病のチェックも同様に、通常よりお安く出来ます。

ぜひ、一年に一回の健康診断。ご興味のある方は、この機会にぜひ受けてみて下さい☆

 

Follow me!

Comments are closed.

PAGE TOP