ノーベル賞&10月休診日のお知らせ

先日、ノーベル医学生理学賞を大村さんが受賞されました。大村さんが発見された、イベルメクチンは何億人の命を守ったと言われています。しかし、実は人以上にたくさんの動物が恩恵を受けております。イベルメクチンとは、主に寄生虫に作用する薬です。寄生虫の神経に作用して麻痺を起こすことで、寄生虫をやっつけます。

人の健康だけではなく、牛や馬などの動物に未だに流行する様々な寄生虫を抑えることで、畜産業では日本のみならず世界各地で成果をあげています。結果的には、人の食に関する分野にも大きな影響を与えてくれました。

また、犬や猫に関して一番有名な病気の薬が、フィラリア症の予防薬として使われていると言うことです。今まで犬の死因の多くを占めていたフィラリアを、ほとんど副作用なく一月に一回の投薬で予防が出来るようになったのは、実は大村さんのおかげです。また、犬猫によく感染がみられる、消化管内寄生虫の回虫などや、皮膚病を起こす疥癬や毛包虫などのダニ、また耳に住み着く耳ダニなどの治療薬にも使用されています。

ここ数年で犬猫の寿命は、数年伸びて約15歳となっています。特に犬の寿命に関してはフィラリア予防が簡単に出来るようになった、大村さんが発見されたイベルメクチンの恩恵も大きいと思われます。今後も素晴らしい科学者の研究が発見が、人や動物の健康を助けてくれればと思います。

 

さて、10月の休診日のお知らせです。

10月1日(木曜)、8日(木曜)、15日(木曜)、16日(金曜)、22日(木曜)、29日(木曜)

お盆休みの振替で、10月26日(月曜)~29日(木曜)にお休みを頂きます。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

尚、10月12日(月曜・祝日)は通常通り、午前午後ともに診察しております。

今回のおまけは、スタッフの猫の「カンパチ」です。元気にやんちゃに育っています☆

IMGP6094

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP